Bunnekonokai

人も猫も穏やかに共生できる街

「ぶんねこの会」は、東京都文京区を中心に活動する ボランティアグ ループです。文京区の「動物との共生社会支援事業」に 連動し、平成 22 年に発足しました。

“人と動物とが豊かに共生する地域社会の実現” を目指し、不幸な猫を増やさないための活動や、動物の適切な終生飼養を促進する活動に、行政と協働して取り組んでいます。

どんな猫もなりたくてノラ猫になったのではありません。飼い主のいない猫の問題は人間の問題です。 猫が好きな方もそうでない方も、まずは知ることから始めてみませんか?

ぶんねこの会の活動

ぶんねこの会は個人ボランティアの集まりです。
会員個人が自分にできる範囲で、TNR、保護・譲渡、外で暮らす猫たちの見守りなどを主体的に行っています。
必要に応じて会員同士で協力し、文京保健所とも連絡を取り合っています。
会員も一区民であり、それぞれ仕事をしながら自分の時間とお金を使って活動しています。
「猫を引き取ってほしい」といった丸投げのご依頼はお受けできません。
出会ってしまった猫のために自ら行動する方には、できる限りお手伝いをします。
最新情報はFacebookでご確認頂けます。

保護猫の譲渡について

保護・譲渡は会員個人の責任で行っています。
里親様に求める条件は保護主によって、また保護猫 によっても異なります。
共通して最低限お願いしているのは次の2点です。

・完全室内飼養をすること
・愛情と責任を持って終生家族として大切にすること

* 一人暮らしの方や高齢の方でも、万一のときに飼養を引き継いでくださる方がいらっしゃれば、成猫を譲渡できる場合があります。お問い合わせください。

飼い方のご相談にも応じます。

現在募集中の猫はFacebook、Twitterでご確認頂くか、直接お問合せください。

不幸な猫を増やさないため
ぜひ知っておいてください

飼い主のいない猫の問題は地域社会の問題

不幸な猫が減ることで、 人と猫が穏やかに共生できる地域社会へ
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

飼い主のいない猫の世話をする方へ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

猫の飼い主さんへ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

うちはオス猫だから、手術しなくていいよね

外に出てメス猫を妊娠させれば、不幸な猫を増やすことになります。

外に出さないから、避妊手術しなくてもいいよね

繁殖期に交尾できないことは、猫にとって大きなストレスです。

TNR

地域住民、行政、ボランティアの連携で推進するTNR

Trap(捕獲)、Neuter(避妊・去勢)、 Return(元の場所に戻す)の略語で、飼い主のいない猫を増や さずに共生を図る方法です。

  • Trap

  • Neuter

  • Return

  • 説明説明説明
  • 説明説明説明
  • 説明説明説明

文京区では区の事業としてTNRを継続した結果、飼い主のいない猫が大幅に減りました。

Support

ご支援、ご寄付
について

ご寄付のお願い

飼い主のいない猫の医療費やフード代に充てさせていただきます。皆さまのご支援をお願いいたします。

Online
charity shop
for homeless cats

収益が医療費やフード代に!

ぶんねこの会オンラインショップ
Amazon

ぶんねこの会のほしい物リスト

飼い主のいない猫たちためのフードを
梱包の手間なくご支援いただけます。